2015/10/14(水)22:15
前回ご紹介の FLATBED、さっそく車両を運搬して 連日のご登場。 妙にサイズが合っていると思っているのはおやぢだけだろうか? とにかく、こうやって遊べるのが この年になってもうれしいよ。
ところで 積んでるトミカは何なのかと思われるかもしれませんが、とある方にいただいた1台。実は事故車なんです・・・
1510141.jpg

1510142.jpg
 F40-1 ランボルギーニ ミウラ SV(77年11月~00年00月)
 通常品
 発 売 1977年ころ
 生産国 日本
 サイズ 1/62

1510143.jpg

どうして こうなっちゃったのか? パッケージもボディ、シャシーも何ともないのに 保管状態が悪かったのか 長い月日を経てガラスだけが変形・縮小してしまったらしい。 このガラスパーツ、当然の事ながら製品クレームが効くわけもなく、かと言って 補修パーツがあるわけでもない。 となると、やっぱり パーツ再生による修復しかないってこと? さて どうしたものでしょうか? どなたかお力添えをお願いします。 <(_ _)>

   にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
↑↑↑
 ひと押し!

 お願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はっちさん、こんばんは。

この補修ですが、模型(特に飛行機)でよくやるヒートプレス、バキュームフォームなる方法があります。型枠を作って、プラ板を熱して被せて、吸い出して出来上がりというものです。

型枠さえきっちりしておくと、火が入りすぎたという部分さえなければ、かなりピタリとハマりますが…。
2015/10/14(水) 22:41 | URL | ミーシャ #-[ 編集]
不思議な現象ですね。トミカのミウラは天井部分でカシメられており、車体裏のカシメを外して交換するしかないと思います。ウインドウパーツ自体が縮んでいるので、これから型を取る訳にもいかず結局はほかのジャンクから型取り⇀ヒートプレスとなるでしょうが、ミウラのウインドウパーツはAピラー部は凹んでいてガラス部分は凸となっており、ヒートプレスで再生したとしてもうまく隙間無く作れるかは??です。私、同じ構造のカウンタックでプラリペアみたいな物で試しましたが凹凸は再現できても透明度の問題で使い物になりませんでした。他にジャンクをお持ちであればガラス部の小傷程度は磨いて流用するのが時間やコスト面からも手っ取り早いかと。 長文失礼しました。
2015/10/16(金) 02:15 | URL | こばとんおやじ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ミーシャさん こんにちは。
方法についてはともに聞いたことがあります。問題は型です、型をとる基がないことが問題なんですね・・・
2015/10/17(土) 05:59 | URL | はっち #-[ 編集]
Re: タイトルなし
こばんとんおやじさん こんにちは。コメントありがとうございます。
確かに不思議な現象で、プラパーツだけ縮んでいるのです。
型取りしたくても、基となるものもないし、やっぱりジャンク品を探すのが一番近道なんでしょうね。
急ぐものでもないので 時間をかけて探してみます。ありがとうございました。
2015/10/17(土) 06:04 | URL | はっち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hachi758.blog53.fc2.com/tb.php/1780-45e98989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

はっち

管理者:はっち
W.M.C.Cに参加している
単純で自己主張の強い
   ミニカー好きのおやぢ
トミカ集めて喜んでます

1月1日のご宿泊 
4,720組  

駐車場 収容台数
5,093台

カウンター
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
 

リンク ミニカーブログ

このブログをリンクに追加する

おすすめサイト
 |  はっちのお宿 新館TOPへ | 
Copyright ©  はっちのお宿 新館 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」